出来てしまったいやなシミを皮膚科で治そう

原因を知ろう

指し棒を持つ

肌にできてしまうシミというのは、必ず原因があります。どのような症状であっても必ず原因が存在します。
シミが出来る原因として最も知られているのは「紫外線」です。もちろん、紫外線はシミを生成する大きな原因となっていますが、それだけが原因ではありません。日常生活の中に様々な原因が眠っているのです。これらの原因が組み合わさることによって、シミが出来てしまいます。
シミの原因には、紫外線、加齢、ストレス、ホルモン異常、肌荒れなどがあります。これらの要因が重なることで、よりシミを生成しやすい状態にしてしまいます。

また、シミができやすい部位というのも存在します。
額は、特に日焼けしやすい部位となっていて、日焼けした部分のメラニン色素が蓄積しやすいと言われています。額の中でも髪の生え際部分や眉毛周辺というのは日焼け対策が行き届いていないことが多いのでシミができやすいです。
目周辺では、目尻、目頭周辺などにできやすいです。頬は、最も頬骨が出ている部分ができやすいです。顔の中でも凹凸があるので、比較的出ている頬骨は紫外線の影響を受けやすいです。
口周りにもできやすく、鼻と口の間に出来てしまうことでヒゲのように見えてしまいます。

このようにシミが出来てしまう原因は様々で、日常生活の中に多く潜んでいます。誰にでもシミが出来てしまう可能性はありますので、しっかりと対策をする必要があります。特に目立ってしまう部分にシミが出来てしまうことで悩みの種が大きくなってしまいますので、シミが出てきたと思ったら、早期に皮膚科へ相談をしましょう。