出来てしまったいやなシミを皮膚科で治そう

レーザー

美肌女性

出来てしまったシミを皮膚科で治療する方法の一つに「レーザー治療」という方法があります。
この方法は、シミに直接レーザーを当てて、色素沈着している部分を薄くすることが出来ます。ただ、シミの種類によっては効果的ではない場合がありますので、治療を受ける前に医師と相談をするようにしましょう。

基本的に肝斑以外であれば、レーザー治療を受けることが出来ます。
今まで美白化粧品を使用していても思うような効果を得ることが出来なかったという場合でも有効です。レーザー治療では、色が濃く、広範囲に存在しているシミさえも除去することが出来るのです。しかも、効果はすぐに現れますので、治療後すぐにコンプレックスが解消されます。施術後痕が残る心配もありませんし、安全性が高いので、気軽に施術を受けることが出来ます。
皮膚科によって、取り入れているレーザーの種類が違います。Qスイッチルビーレーザー、アレキサンドライトレーザー、炭酸ガスレーザーなどがあります。どれも「レーザー治療」というくくりとなりますが、それぞれの光によって特徴が違います。

治療時に痛みを感じることはほとんどなく、1回~数回程度で完全にシミを綺麗にすることが出来ます。
ただ、レーザー治療の場合、シミが再発する可能性はあります。施術をしてから1~3年後にうっすらと表れることもありますが、再びレーザー治療をすれば問題ありません。